未分類

  1. ライターになにを頼むん?

    ブログの代筆のご依頼をいただきました。 会社経営をされている男性で、通常の仕事に加え、セミナー開催。とにかく、めちゃくちゃ忙しい方です。 ブログは以前からやっていたけど、記事が書けなくて、うまく活用できていなかったようです。

  2. 【文章講座】「に」と「へ」の使い方

    「に」と「へ」の明確な使い方を知っていますか?今では、相当あいまいになってしまいました。使い方の違いは、ほとんどありません。ですが、本来の正しい使い方を知っておくと周囲と差がつけられます。 「に」は、特定の場所や時間を示すときに使う助詞です。

  3. 【文章講座】修飾語と被修飾語の位置に気をつける

    修飾語とは、意味や内容をくわしく説明するために用いられる語です。主に名詞や動詞を修飾しますが、形容詞や副詞を修飾することもあります。そのとき、修飾される語のことを被修飾語といいます。「美しい花」という言葉の場合、「美しい」が修飾語。「花」が被修飾語です。

  4. 【文章講座】使い古された比喩や慣用句は使わない

    比喩や慣用句は使いやすくて、ついつい使っちゃいませんか? 「顔から火がでる」「首を長くして待つ」「ピリオドを打つ」たくさんありますよね。 なにかもうひとつ変わった表現をしたいという気持ちがあるからだと思います。

  5. 【文章講座】人を引き付ける、ちょっとしたテクニック

    一生懸命書いた文章です。せっかくだったら、人を引き付けたい……。そう思うのは当然ですよね。 人を引きつけるには、もちろん内容やメッセージ性も必要です。

  6. 【文章講座】「起承転結を考える」は本当か?

    子どもの頃を思い出してみてください。 「作文(文章)を書きましょう!」そう言われたとき、こんなことを言われませんでしたか? 「起承転結を考えて、書くのよ」と。

  7. 【文章講座】ありきたりな文章じゃ、イヤ!

    なにをどう書いても、ありきたりな文章になってしまう……。

  8. 【文章講座】書いた文章、ちゃんと見直してますか?

    がんばって書いた文章なのに、あとで見たとき、なにが言いたいのかわからない。「てにをは」も間違ってるし……。 それで、人に読まれるのが恥ずかしくって……。

  9. 【文章講座】なのをどう書いていいのかわからない

    文章を書くとき、なにをどう書いていいかがわからない…… そんなことはありませんか? 例えば、プロフィールや自己紹介文などを書いてほしいと言われたとします。だけど、なにを書けばいいのかさっぱりわからない……。

  10. 【文章講座】文章をかくとき、すぐにつまるのはどうして?

    文章を書くとき、こんな悩みはありませんか? 「文章を書きだしても、すぐにつまってしまう……」「1行書くと、すぐに手が止まってしまう」 すらすらと書きたいのに、すぐにつまってしまう。。。そうこうしているうちに、やる気がなくなってしまう。

ページ上部へ戻る