ブログ

【文章講座】人を引き付ける、ちょっとしたテクニック

一生懸命書いた文章です。

せっかくだったら、人を引き付けたい……。

そう思うのは当然ですよね。

 

人を引きつけるには、もちろん内容やメッセージ性も必要です。

 

ですが、、、

すぐに!

だれにでもできる!

そんなテクニックがあったらいなぁと思いますよね?

 

それって、なんだと思いますか?

 

それは、

「ハテナを入れる!」

ことです。

 

ハテナとは、「疑問符」のこと。

 

人はなにかを問われたら、

その答えを考えてしまうのです。

 

この習性を使えばいいんです。

 

文章のどこかに疑問文を入れると、

読者はその答えが欲しくて、

ついつい続きを読んでしまうのです。

 

 

例えば、次に2つを読み比べてみてください。

どっちのほうが読んでみようと思いまうか?

 

【例1】

昨日の出来事です。

家に帰ってくると、誰もいないはずのリビングに人影がありました。

見た瞬間、わたしはゾッとしました。

知らない男が、タンスをかき回していたのです。

「キャー!」

声を上げると、男がこちらに向かってきました。

 

そのとき!

誰かが、男に体当たりをしたのです。

男の体が吹っ飛び、「くそっ!」と言って、慌てて逃げていきました。

わたしはその場にへたり込んでしまいました。

視線の先には、男を追って出ていく夫の背中。

 

いつもはボーとしていて、家のことなどなにもしない。

わたしの髪型が変わっても、まったく気づかないような夫です。

夫はわたしのことなど、もう愛していないんだと思っていました。

別れようかとなんど思ったことでしょう。

 

しかし、体を張って、わたしを守ってくれた。

 

そして、戻ってきた夫は、「大丈夫か?」と、わたしを抱きしめました。

夫の深い愛を感じ、なんてわたしはバカだったのだろうと反省しました。

普段は見えないけれどそこにある、それが愛なのだと感じたのです。

 

【例2】

愛って、いったいなんでしょうか?

昨日の出来事です。

家に帰ってくると、誰もいないはずのリビングに人影がありました。

見た瞬間、わたしはゾッとしました。

知らない男が、タンスをかき回していたのです。

「キャー!」

声を上げると、男がこちらに向かってきました。

 

そのとき!

誰かが、男に体当たりをしたのです。

男の体が吹っ飛び、「くそっ!」と言って、慌てて逃げていきました。

わたしはその場にへたり込んでしまいました。

視線の先には、男を追って出ていく夫の背中。

 

いつもはボーとしていて、家のことなどなにもしない。

わたしの髪型が変わっても、まったく気づかないような夫です。

夫はわたしのことなど、もう愛していないんだと思っていました。

別れようかとなんど思ったことでしょう。

 

しかし、体を張って、わたしを守ってくれた。

 

そして、戻ってきた夫は「大丈夫か」とわたしを抱きしめたのです。

夫の深い愛を感じ、なんてわたしはバカだったのだろうと思いました。

 

どうでしょうか?

 

お気づきかと思いますが、

2つの文章の違いは、

冒頭に「愛って、いったいなんでしょうか?」という疑問文があるだけ。

 

この物語自体は、はっきり言ってたいしたことはありません。

ただ、とちらを読むかと訊かれたら、例2の方がまだ読もう思いませんか?

例1は何が始まるかもわからないので、読む気にもならないといった感じです。

 

最初に「愛って、いったいなに?」と問われたら、

反射的に、考えてしまいます。

そして、答えを探すために、読み進めてしまうのです。

 

これが人を引き付けるということです。

 

人を引き付ける文章を書きたいときには、、、

「ハテナをいれる!」

ぜひ、試してみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る