ブログ

小説の事前準備(プロットづくり)

取り組んでいる、ビジネス小説のシリーズ。

 

4部作のうち、

2作目のプロットづくりに入っています。

 

プロットとは、

「構成のわかるあらすじ」

のこと。

 

いわゆる小説を書く前に全体の流れとそれぞれの出来事の因果関係を書いたものです。

 

みなさん、

小説家は、頭に浮かんできたことをスラスラと書いていると思っていませんか?

 

そんなことは絶対にありません!

売れている小説家の人でも、かなりの事前準備をしています。

 

キャラクター表を作って、

人物相関図を書いて、

インタビューや取材に行って、

プロットを書いて、、、

 

相当時間をかけているんです。

 

だけど、これだけ準備を行っていると、

いざ、本文を書きはじめるとあたまにしっかりをその世界観が入っているので、どっぷりと入って書き進めることができます。

 

ちょうどわたしも今、プロットを書き込んで、自分を小説の世界にはめ込んで行っている途中です。

 

徐々に、あちらの世界にはまっていっています。

 

ここが一番大変なところとも言えますが、

楽しさも感じる。

 

おもしろいと思ってもらえる小説を書くために、ただいま奮闘中です。

早く出来上がったものを読んでもらいたいなぁとわくわくしながら、キーボードを叩いています。

 

やっぱり文章は読むよりも、書く方が好きだなぁと感じています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る